冬のリンパマッサージでダイエット!

 

気温が低くなると血行不良が起こりやすくなります。

血行不良は「リンパの滞り」のことです。

 

 

リンパ管内部で流れが滞ると、リンパ管が膨らんで血管を圧迫し、これがまた血行不良を増長する原因ともなりかねません。

 

 

冬は基礎代謝が上がるのでダイエットに向く季節です。

でも、反対に“冬太りする人”は、食事制だけでなく、リンパの流れを意識すると痩せやすい状態を作るのに効果を発揮します。

 

 

続きを読む

身体の燃料② ~「脂肪」

 

普段の身体の燃料は「糖質」が使われます。

「脂肪」は糖質がある限り、燃焼されません。

 

脂肪はなかなか燃料として使われないのです。

 

 

 

普段の生活の中で「脂肪」を燃焼させるためには、まず「糖質」を使い切る必要があります。

 

その最も簡単な方法が『ファスティング』です。

サロン月桃(TUKIMOMO)でも健康と美のためにお勧めしています。

 

 

続きを読む

身体の燃料① ~「糖質」

 

身体を動かすには2種類の‟燃料”があります。

一つは「糖質」、もう一つは「脂肪」です。

 

 

「糖質」は筋肉と肝臓に「グリコーゲン」として蓄えられます。

 

「グリコーゲン」は、必要な時にすぐに「ブドウ糖」になり、脳へのエネルギー供給などにすぐに使うことができますが、貯蔵量が限られます。

 

「糖質」→「グリコーゲン」として蓄えた残りは全て「脂肪」になります。

続きを読む

漢方茶講座(入門編)開催のお知らせ ~2月、3月

 

 

仕事や家事などで何かと忙しい現代社会

 

特に女性は日々の生活の中で中心的な役割を担っています。

自分の事だけでなく、家族の事まで日々忙しい時間を送っている人も多いと思います。

 

何となく不調を感じていても我慢をしがち・・・・

 

 

「お薬を飲むほどでないけど、何かすっきりしない」

 

 

そんな方にお勧めしたいのが、漢方茶講座です。

 

続きを読む

自律神経のバランス


自律神経ってどんな働きをするのでしょうか?

自律神経には『交感神経』と『副交感神経』が
あります。

最近では原因不明の不調に
「自律神経失調症」と言われることも
多いようです。

交感神経はアクセル、副交感神経はブレーキ
に例えられます。

交感神経が高く、副交感神経が低いと
体調が悪いように思う方も多いようですが
そうではないんです。

何事もバランスが大事

交感神経も副交感神経も、両方とも
高いレベルでバランスが保たれている
のがベストです。


【自律神経の4つのタイプ】

①いきいき能力発揮型
 交感神経高 副交感神経高
 
②がんばりすぎタイプ
 交感神経高 副交感神経低

③のんびりタイプ
 交感神経低 副交感神経高

④ぐったり無気力タイプ
 交感神経低 副交感神経低



皆さんはどのタイプでしょうか?

①がベストな状態です。

「交感神経」を上げるのは比較的簡単なのですが
「副交感神経」を引き上げるのには努力もいるよう
です。

アロマやリンパマッサージ、音楽等を
うまく利用してバランスを保ちたいですね音符

 

 

 

【参考資料】
『自律神経を整える。ストレスに勝つ!』
『聞くだけで自律神経が整うCDブック』
『自律神経を整える「あきらめる」健康法』 他

小林弘幸 著